毎日の生活でできる更年期対策!自律神経と免疫力に着目しましょう

毎日の生活でできる更年期対策!自律神経と免疫力に着目しましょう

 

更年期と自律神経と免疫力

 

 

40代女性の皆さんの中には

 

  • 急なめまい、立ちくらみ
  • のぼせ、ホットフラッシュ
  • 肩こり、腰痛、冷え性

 

といった症状に悩まされてい方も多いと思います。

 

 

実はこれらの症状は【更年期】によるものかもしれません。

 

 

更年期は女性ホルモンの分泌量が減少することで起きてしまうのですが、
最近では婦人科やクリニックなどに行くとホルモン補充療法といった治療も受けることができます。

 

更年期女性にはホルモン補充療法もおすすめです-その費用やリスクについて

 

 

ただやはりお金もかかってくることですし、毎月病院に通う時間のない女性も多いのではないでしょうか?

 

 

というわけで今回は毎日の生活の中で取り入れられる更年期対策についてお話していきたいと思います。

 

 

 

女性の健康の為の3つのキーワード

では早速お話していきたいと思いますが、
その前に知っておいてほしいのが【女性の健康の為の3つのキーワード】です。

 

 

それは

 

  1. 女性ホルモン
  2. 自律神経
  3. 免疫力

 

この3つです。

 

 

女性の健康はこの3つの要素で支えられているんですね。

 

 

しかし更年期に入ると女性ホルモンが必要なのに出せないということに体は対応しきれず
自律神経が乱れてしまい冒頭お話したような症状が出てしまうんです。

 

また自律神経が乱れてしまうことで免疫力の低下にもつながってきます。

 

なのでこれら3つはどれもつながっているので更年期をそのままにしてしまうと
どんどん女性の体だけでなく心にも良くないんですね。

 

 

ただ逆に言うと女性ホルモンが減少してしまったものを残りの

 

  1. 自律神経
  2. 免疫力

 

で補ってあげることで女性の健康は保てるということにもなります。

 

 

 

 

お家でできる更年期対策とは?

 

ではようやく本題に入っていきますね。

 

 

自律神経を整えるために大切なこと

 

ではまず自律神経を整えることについてお話していきますね。

 

 

 

①日光を浴びる

 

まず1つ目は日光を浴びることです。

 

私たちは日光を浴びることで【セロトニン】というホルモンが体の中で作られます。

 

これは幸せホルモンと呼ばれていてこれが不足するとうつ病や不眠症などになると
言われています。

 

特に更年期に入るとセロトニン不足になりやすいとも言われており、それも原因となって
イライラや不安、もやもや感に急に襲われることもあるのでしっかりセロトニンを作ってあげることが大切なんです。

 

またこのセロトニンから睡眠ホルモンと言われる【メラトニン】も作られるので
この後お話する睡眠リズムを作っていく上でもとても大切なことなんですね。

 

 

ただシミやそばかすなど肌トラブルの原因にもなってしまうのでしっかり日焼け対策を
したうえで日光を浴びるようにしましょう。

 

 

 

 

②きちんとした睡眠リズムをつくる

 

また更年期に入ると不眠症になってしまう方もいらっしゃいますが、
これも自律神経の乱れによるものが大きいです。

 

自律神経には

 

  1. 交感神経
  2. 副交感神経

 

の2つがあるのですが、簡単に説明しますと

 

  • 交感神経がパワフルな神経
  • 副交感神経がリラックスする神経

 

と覚えてもらうとなんとなくイメージしやすいと思います。

 

なので眠るときにはリラックスる神経である副交感神経が優位に働いてもらわないといけないのに
自律神経が乱れていると交感神経がいつまでも優位に働いてしまって興奮して眠れなくなってしまうんです。

 

 

なのできちんとした睡眠リズムを作るのに大切なのは

 

  • 夜寝る前にはパソコンやスマホなどの強い光などは浴びない
  • 眠れない時はカモミールティーやホットミルクなど温かい飲み物を飲んでみる
  • 日光を浴びてセロトニンをしっかり分泌する
  • お風呂に入ってリラックス
  • 無理に寝ようとせず何回か深呼吸してみる

 

などがオススメですね。

 

特に私は温かい飲み物を飲んでホッとするか、眠れない時は深~い深呼吸を何回かしています。

 

リラックスできていない時って実は呼吸も浅くなりがちなんですね。

 

なので意識してゆっくり吸ってもっとゆっくりはいてあげる深呼吸を何度かしてあげると
意外と体の力が抜けておすすめですよ。

 

 

 

 

③湯船に浸かってリラックスする

 

最後は湯船に浸かってリラックスすることですね。

 

先ほど睡眠のところでも少し触れていますが、
湯船にゆっくり浸かることも副交感神経を優位に働かせることにつながるんです。

 

ただ熱いお湯だと逆に目が覚めてしまうので、
冷たく感じない程度のぬるま湯に15分くらい浸かるのがオススメですね。

 

色々な入浴方法があるとは思いますが、あまり長湯しても疲れてしまいますので
15分くらいがちょうどいいとは思います。

 

その辺は皆さんで調整してみてください。

 

 

 

 

 

 

免疫力を高めるために大切なこと

 

 

では続いて免疫力を高めるために大切なことについてお話していきますね。

 

 

 

①しっかり睡眠をとること

 

自律神経もそうですが、睡眠はやっぱり健康の基本です。

 

しっかり眠ることで免疫力がアップします。

 

人にもよるので何時間寝ましょう!というのはないのですが、やっぱり最低でも6時間は確保したほうが良いかなと思います。

 

 

 

また眠りの質も大切です。

 

先ほども自律神経と睡眠のところでお話したように更年期になると眠りが浅かったり不眠症になったりする方が多いです。

 

これは眠りがとても浅い状態なんです。
なので中々疲れもとり切れないんですね。

 

大切なのはリラックスすること。

 

先ほどお話した

 

  • 夜寝る前にはパソコンやスマホなどの強い光などは浴びない
  • 眠れない時はカモミールティーやホットミルクなど温かい飲み物を飲んでみる
  • 日光を浴びてセロトニンをしっかり分泌する
  • お風呂に入ってリラックス
  • 無理に寝ようとせず何回か深呼吸してみる

 

を取り入れて深い眠りを意識してみてくださいね。

 

ただあんまり頑張りすぎると余計に眠れなくなるので軽い気持ちでやってもらえたらいいかなと思います。

 

 

 

 

②体を温めること

 

また女性の皆さんの中には体温が低い方がいらっしゃると思いますが、
そうした方は免疫力が弱っているかもしれません。

 

というのも体温が1度下がると免疫力が30%も落ちるといわれているからなんです。

 

 

ただでさえ女性の中には冷え性でお悩みの方も多いですが、
更年期に入り自律神経が乱れることで余計に手足の冷えはひどくなってしまうことも多いです。

 

 

普段から体を冷やさないようにする、温めるには

 

  • 湯船に入ること
  • 適度な運動を取り入れること
  • 冷たい飲み物を飲み過ぎないこと

 

などに気を付けてもらうといいかなと思います。

 

ここでもおすすめはやっぱり湯船に浸かることですね。

 

自律神経が乱れて交感神経ばかり優位に働くと末端への血流が悪くなってしまいます。
これが更年期による手足の冷えなんですね。

 

逆に副交感神経が優位に働くと全身への血流も良くなるので手足もあったかくなりやすいんです。

 

運動はしたくない女性も多いと思いますし、中々時間も取れない方も多いと思いますので
簡単なストレッチや時間があれば30分くらいのウォーキングからでも十分だと思います。

 

 

 

 

 

以上が自律神経と免疫力を整えるポイントです。

 

 

 

 

更年期対策に医薬品も取り入れてみましょう

また辛い更年期症状には【医薬品】を取り入れるのもおすすめです。

 

最近では更年期女性向けの市販薬も登場していますし、
更年期に着目されるようになってきたのかなと思います。

 

 

とは言っても医薬品もたくさんあるのでどれが良いか分からないという方がほとんどだと思います。

 

そんな方は

 

更年期に起きる辛いめまいやのぼせに良い医薬品ってないの?

 

 

を参考にしていただければと思います。

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

ありがとうございました。