ヒリヒリする、出血するからイヤ!更年期の性交痛はどうしたら良いの?

ヒリヒリする、出血するからイヤ!更年期の性交痛はどうしたら良いの?

更年期と性交痛

 

40代女性の皆さんの中には

 

「最近セックスの時に痛みを伴うことが多い。」
「ひどい時は出血もあった。」
「だからあまりセックスに積極的になれない…。」

 

というお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

これまではそんなことなかったのに40代に入ってこんな風になると戸惑ってしまいますし、不安ですよね?

 

ではこうした性交痛にはどう対処したら良いのでしょうか?

 

 

 

 

性交痛の3つの原因について

 

まずは対処法についてお話するまえに性交痛の原因についてお話していきますね。

 

 

 

1.膣分泌液の減少

 

まず40代に入ると女性ホルモンの分泌量が急激に減少してしまう【更年期】に入ります。

 

こうしてエストロゲンが少なくなると膣分泌液もうまく出なくなってしまうんです。

 

そうなると膣も乾燥しやすくなり摩擦が起きて痛みを伴うようになります。

 

 

 

2.膣粘膜の萎縮

 

また女性の方でもあまりご存じない方も多いと言われているのが
女性ホルモンの減少による【膣粘膜の萎縮】も性交痛の原因になっています。

 

これは外陰部や膣が萎縮することで膣の粘膜や周囲の皮膚も薄くなってしまうことを言います。

 

また先ほどお話した膣の乾燥も加わって炎症を起こしやすくなってしまいます。

 

これにより性交痛だけでなく出血も伴いやすくなってしまいます。

 

 

 

 

3.心理的な不安やストレス

 

最後にこうした性交痛や出血が一度あると、その不安から余計に膣液が分泌されにくくなります。

 

また40代になると親の介護や子どもの進学など心配の種も多くなります。

 

そうしたストレスも性交痛の原因になっています。

 

 

 

 

更年期の性交痛の4つの対処法

 

ではこうした更年期の性交痛にはどう対処したら良いのでしょうか?

 

 

 

 

1.夫に理解してらわないといけない

 

まず一番に大切なのはパートナーに理解してもらうことです。

 

こうしたデリケートな問題は1人で抱えていてもなかなか解決しません。

 

また性行為自体、パートナーがいて初めて成り立つものですから、

 

  • 更年期や年齢で体に起きている変化
  • 性交痛に対する苦痛や不安

 

などを話し合って理解してもらうことが大切ですね。

 

男性本位な性行為でなくお互いじっくり前戯をしていくのがオススメですね。

 

 

 

 

2.ゼリーを使う

 

これは性行時にする実用的な対処法になりますが、
ゼリーを使うことで膣の摩擦を減らし性交痛を緩和することができます。

 

実際これだけでかなり性交痛は軽減されると言われています。

 

手軽でコストもかからないのでまずは試して欲しいですね。

 

 

 

 

3.HRT(ホルモン補充療法)を受ける

 

またこうしたそもそもの原因は女性ホルモンの減少にあるので外から女性ホルモンを補うHRT(ホルモン補充療法)という治療法もあります。

 

ただまだまだ普及していないのが現実のようです。

 

詳しくは

 

更年期女性にはホルモン補充療法もおすすめです-その費用やリスクについて

 

にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

 

 

 

4.サプリで女性ホルモン不足をサポート

 

最後にオススメなのがもっと手軽に女性ホルモン不足をサポートするためにサプリを取り入れることです。

 

代表的なのはイソフラボンですが、実はイソフラボンは腸内で【エクオール】に分解されることでそのパワーを発揮するんですね。

 

しかし日本人の約半分がイソフラボンをエクオールに分解できないとされています。

 

なので直接エクオールをとれるサプリメントがオススメです。

 

詳しくは

 

更年期女性には女性ホルモン様作用のある【エクオール】もとってもおすすめ

 

にてお話していますのでこちらも参考にしてくださいね。

 

 

 

 

まとめ

 

というわけで今回はこれで以上になります。

 

性の問題はいくつになってもデリケートな問題なのでまずはパートナーとしっかり話し合って理解してもらうことが大切です。

 

ありがとうございました。