あなたはまだ更年期じゃないかも!40代前半のプレ更年期について

あなたはまだ更年期じゃないかも!40代前半のプレ更年期について

プレ更年期

 

 

40代女性の皆さん、特に40代前半の女性の皆さんの中には

 

「最近イライラしやすくなった。」
「なんだかつかれやすい…。」
「腰や手足がやたら冷える。」

 

など更年期のような症状にお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

たしかにこれらは更年期に現れる症状とほとんど同じなのですが、
40代前半、もしくは30代後半からこうした症状に悩まされてい女性の皆さんは

 

【プレ更年期】(プチ更年期)

 

かもしれません。

 

 

何それ?と思われる方も多いと思いますので今回はプレ更年期についてお話していきたいと思います。

 

 

プレ更年期って何?更年期とどう違うの?

では早速お話していきたいと思いますが、プレ更年期って何なのでしょうか?

 

また本格的な更年期とどう違うのでしょうか?

 

 

このプレ更年期は主に30代後半~40代前半に起きるといわれているもので
本格的な更年期の前の状態ということができます。

 

 

本格的な更年期というのは卵巣の衰えによって女性ホルモンが上手く分泌されないことで
自律神経が乱れてしまい、めまいやのぼせといった症状が起きてしまいます。

 

 

しかしプレ更年期の場合はストレスや生活習慣の乱れが原因で女性ホルモンの分泌を指令する【視床下部】
という部分がダメージしてしまってうまく指令が出せないことで自律神経が乱れてしまっているんです。

 

 

なので30代後半~40代前半女性の場合は女性ホルモン自体は十分に分泌できる状態にある
と言えるんですね。

 

 

 

私はプレ更年期と更年期どっちなんだろう?

では30代後半でしたらプレ更年期であると思いますが、
微妙なところである40代前半~40代中盤くらいの女性はプレ更年期と本格的な更年期どっちなんでしょうか?

 

 

こればっかりはまずは婦人科、もしくはレディースクリニックで検査してもらいましょう。

 

 

まずは血液検査をしてもらえるのですが、

 

  1. エストロゲン値
  2. プロゲステロン値
  3. 黄体形成ホルモン値
  4. 卵胞刺激ホルモン値

 

この4つの数値がわかります。

 

この4つの数値によってあなたがプレ更年期なのか本格的な更年期なのかがわかります。

 

 

例えばエストロゲン値が低くてもホルモンの分泌を促す黄体形成ホルモン、卵胞刺激ホルモンの2つの値が

正常値ならプレ更年期。

 

 

逆にエストロゲン値が低くて黄体形成ホルモン、卵胞刺激ホルモンの値が高いということは

卵巣が衰えてしまっているのを無理にエストロゲンを分泌させようとしている状態なので本格的な更年期。

 

 

と言えるんですね。

 

 

皆さんの中には婦人科に行くのはどうもめんどくさいな~。という方もいらっしゃるかもしれませんが、
かかりつけの婦人科をつくっておくことで

 

  • ホルモンの状態、健康状態が分かる
  • 相談しやすい
  • 乳がん、子宮頸がんなどの検診を受けられる

 

などのメリットもあるので一度検診を受けてみてくださいね。

 

 

 

プレ更年期にはどう対処したらいいの?

またこうしたプレ更年期にはどう対処したらいいのでしょうか?

 

 

キーワードとなるのは本格的な更年期と同じで【自律神経を整えること】ですね。

 

 

では具体的にどんなことをしていけば良いのでしょうか?

 

 

 

生活習慣を見直す

 

まず基本となるのは生活習慣の見直しですね。

 

食生活や睡眠などの乱れは自律神経の乱れにもつながります。

 

中々時間がなくて眠れなかったり、きちんと食事を摂れていない女性の方も多いと思いますので
この機会に少しづつ見直してみてはいかがでしょうか?

 

毎日の生活でできる更年期対策!自律神経と免疫力に着目しましょう

 

 

 

 

ストレス解消法、リラクゼーション方法を見つける

 

またプレ更年期はストレスも大きな原因の1つです。

 

なのでストレスの解消、リラックスすることがとっても大切になってくるんですね。

 

一人カラオケに興じてもいいですし、1日何にもしない日を作ってごろごろするのも
いいと思います。

 

あなたにぴったりのリラクゼーション方法、ストレス解消法を見つけてみてくださいね。

 

更年期のイライラやもやもやにオススメのリラクゼーション方法について

 

 

 

 

ピルを処方してもらう

 

また病院で薬を処方してもらうのもいいと思います。

 

本格的な更年期の場合は女性ホルモンの分泌量が急激に少なくなっているので
ホルモン補充療法と呼ばれる治療法で少量の女性ホルモンを外から補っていくのですが、

 

 

プレ更年期の場合はまだ女性ホルモン量が急激に少なくなっているわけではないので
もう少し女性ホルモン量の多いピルを処方してもらうようになると思います。

 

 

最近では低用量、超低用量ピルなど女性ホルモン量の抑えてあるものも登場しているので
ご自分の体の状態に合わせたものを処方してもらうと体への負担も少なくなるのでお医者さんに
相談してみましょう。

 

更年期女性はピルを飲んでも良いの?気を付けたいポイントについて

 

 

 

医薬品を取り入れてみる

 

また最近では更年期症状に効果のある医薬品なども登場してきています。

 

自律神経の働きを整える漢方や女性の健康に欠かせないビタミン類などをミックスしたものが多く、
手軽でそして続けやすいというメリットがあります。

 

また医薬品といっても体への負担も少ないのがオススメポイントですね。

 

詳しくは

 

更年期女性の辛いめまいやのぼせにオススメの医薬品について

 

でお話していますので参考にしてくださいね。

 

 

 

 

 

以上がプレ更年期の対処法です。

 

できることから取り入れてみてくださいね。

 

 

 

まとめ

今回はプレ更年期についてお話していきましたが、参考になりましたでしょうか?

 

30代後半~40代、50代とだんだん年齢を重ねるごとに女性の体はデリケートになっていくと思います。

 

ちょっとした変化を見逃さず生活習慣の見直しや一度検査をしてもらったりと早めの対処が
大切ですね。

 

ありがとうございました。