何をするのもめんどくさい…これって更年期のせい?

何をするのもめんどくさい…これって更年期のせい?

更年期でやる気がでない

 

40代女性の皆さんの中には

 

  • 最近何もやる気が起きない
  • 気づいたら掃除機も全然かけてないや
  • 人に会うのが億劫で仕方ない
  • これまで興味のあることにも全然ワクワクしない
  • 家から出るのが嫌

 

といった何をするのもめんどくさい、だるいという悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

実はこれも更年期が原因になっているかもしれません。

 

というわけで今回は更年期とやる気の出なさについてお話をしていきたいと思います。

 

 

 

女性ホルモンの減少は鬱にもつながります

 

そもそも更年期というのは女性ホルモンであるエストロゲンが卵巣の加齢によってうまく分泌されなくなる時期を指します。

 

だいたい45〜55歳くらいをさすのですが、
このエストロゲンがうまく分泌されなくなると自律神経も乱れてしまい体のバランスが崩れてしまいます。

 

おもに更年期にあらわれる症状としては

 

  • ホットフラッシュ、のぼせ
  • めまい、たちくらみ
  • 肩こり、腰痛、
  • 冷え性

 

など体に現れるものが多いですが、

 

  • イライラ
  • 不安
  • 気分の落ち込み

 

など心にも様々な影響を及ぼしてしまうんです。

 

 

なので

 

  • やる気がでない。
  • 何をやるのも億劫で辛い。
  • 生きてる意味がわからない。
  • 何やってんだろう。

 

などと思うのは更年期による場合もあるんです。

 

 

また更年期の始まると言われる45歳前後は

 

  • 子どもの大学受験や高校受験、学校行事やクラブ活動
  • 自分の親や義理の両親の介護

 

といった家族の問題も重なってくるので心身ともに疲れが溜まりやすい時期でもあります。

 

なので心も疲れてしまってやる気がでないというのも当然といえば当然なんですね。

 

 

 

 

やる気が出ない、めんどくさいにはどう対処したら良いの?

 

ですがやっぱりこういう心の状態が続くのは辛いですしあまり良いこととはいえません。

 

ではどう対処していけば良いのでしょうか?

 

 

 

まず今の現状を受け入れる

 

まずは今の自分の状況を客観的にみてみましょう。

 

「最近更年期っぽい症状がでてたかな?」
「子供のことばっかりでちょっと余裕がなかったかも。」
「最近疲れてるな~。」

 

などちょっと第三者目線な感覚で見てましょう。

 

多分、心の疲れになっている原因がいくつかでてくると思います。

 

原因がわかれば対処もしやすいですし、まずは焦るだけでなく今の現状を受け入れることが大切です。

 

 

 

 

やらないという選択肢もあり

 

私の中でこれは結構大切なんですが、
心のバランスが崩れている時に無理やり何かをすると普段より負担が大きいので後から余計辛くなってしまうように思います。

 

なので【何もやらないことをやる】というのもありかなと思います。

 

真面目な方は

 

『あれもこれもしないと…』

 

と頭では焦っていても体が動かないから余計焦ってしまってさらに体が動かないという悪循環にはまってしまう方も多いです。

 

 

まずは自分は今心のバランスが崩れているんだから何もしない!

 

 

というのを決めて、例えば一週間は休むというのをやって見てはいかがかなと思います。

 

 

 

 

休む時に大切なのは自分を責めないこと

 

こうした症状は誰にでも起きることですし、
ましてや更年期という避けては通れないことが原因なのですから仕方ないことなんです。

 

ここで自分を責めてしまうと心も体も休まらないですし、
逆に余計疲れてしまったり焦ってしまう原因になります。

 

今は休むと決めてしっかり休みましょう。

 

 

 

 

周りの協力を得る

 

また休むといっても家事などもあるのでなかなかそうはいかない部分もあるとは思います。

 

なので旦那さんやお子さんに話して協力を得るのも大切です。

 

ただ男性にはわからない部分でもあるのできちんと説明してあげないと理解してもらいにくいかもしれません。

 

 

 

 

できそうなこと、小さいことからやってみる

 

しっかり休めたら何かしら変化が出てくると思います。

 

ちょっと元気が出てきたら小さなことでも良いのでできそうなことからやって見ましょう。

 

ここで無理をするとまたしんどくなってしまうのでコツコツやっていきましょう。

 

 

 

 

したいことがあればのびのびやってみる

 

そうして小さなこともできてくると少し余裕も出てくるかと思います。

 

余裕もでるとあれやってみようかなという気持ちも起きやすくなります。

 

何か思いついたらのびのびやって見てください。

 

したいことをするというのはストレス解消になるのでとっても良いことなんですね。

 

もちろん人に迷惑のかからないというのは大切ですが…。

 

また思いついたらノートや携帯のメモ帳でいいのでメモしておくと良いですね。

 

いざという時に忘れてしまってはもったいないですから。

 

 

 

 

女性ホルモン補充療法をうけてみる

 

また生活面とは別に更年期の治療を受けてみるという手段もあります。

 

更年期の治療はホルモン補充療法【HRT】という治療法があります。

 

これは外からエストロゲンなどの女性ホルモンを補うことで更年期障害を緩和するのを目的としたものです。

 

詳しくは

 

更年期女性にはホルモン補充療法もおすすめです-その費用やリスクについて

 

にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

 

 

サプリや医薬品をとりいれてみる

 

またもっと手軽になんとかしたいという方にはサプリや医薬品もオススメです。

 

当サイトでオススメしているのが

 

 

 

1.【エクオールプラスラクトビオン酸】

 

 

 

女性ホルモンに似た働きをしてくれるエクオールを直接摂れるサプリメントです。

 

女性ホルモンと似た働きをするものにはイソフラボンが代表的ですが、
実はこのイソフラボンは腸内でエクオールに分解されることで初めてそのパワーを発揮することがわかっています。

 

しかし日本人の約半分が腸内でイソフラボンをエクオールに分解できないんですね。

 

なので直接エクオールを摂ることで女性ホルモン不足をサポートしてくれるサプリメントなんです。

 

 

 

 

 

 

2.【ロスミンローヤル】

 

もう一つは医薬品のロスミンローヤルです。

 

ロスミンローヤル 

 

ロスミンローヤルは

 

  • アミノ酸
  • 生薬
  • ビタミン類

 

などの有効成分を22種類も配合した女性用保健薬なんです。

 

ロスミンローヤルには更年期の自律神経の乱れによっておきる

 

  • めまい
  • のぼせ
  • 耳鳴り
  • 肩こり、腰痛、神経痛
  • 冷え性

 

といった症状に効果があるんです。

 

また更年期に気になり始める

 

  • シミ
  • そばかす
  • 小ジワ

 

といった肌トラブルにも効果があります。

 

特に小ジワに効果のある医薬品は国内でロスミンローヤル一つだけなんです。

 

医薬品ですが、アミノ酸やビタミン類、生薬でできているので続けて飲んでも大丈夫なのもオススメポイントの一つですね。

 

初回限定1900円で購入回数に縛りもないのでお試ししやすいのでぜひチェックして見てくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回はこれで以上です。

 

心のバランスが崩れるととてもつらいとは思いますができることから少しずつやっていきましょう。

 

ありがとうございました。