更年期障害がつらい…入院はできないの?

更年期障害がつらい…入院はできないの?

更年期障害で入院はできるの?

 

 

40代女性の中には

 

  • めまいやたちくらみ
  • ひどい頭痛や肩こりや腰痛
  • うつ症状

 

などつらい更年期障害に悩まされている方ってほんとに多いと思います。

 

こうした症状ってなった本人でないと分からないですし、
中にはこれまでできていた簡単なことまでできなくなってしまうほどひどい方もいらっしゃいます。

 

ではこうした本当に日常生活までままならない場合は入院はできないのでしょうか?

 

 

 

更年期障害でも入院はできます

 

結論からお話しますと更年期障害でも入院はできます。

 

それが更年期と診断されたから入院するか、更年期によっておきた何かしらの症状で入院するかは
場合にもよりますが入院自体は可能なようです。

 

ただ

 

更年期によって起きた何かしらの症状を診てもらうためにその症状にあった科を受診して入院する

 

というケースが多いようですね。

 

そこで病気ではないと診断された後、更年期かどうか女性ホルモンの数値などを検査していくようですね。

 

 

 

 

おかしいと思ったら早めの受診が大切です

 

ただ更年期で入院するというのはかなりひどいケースだと思います。

 

もちろん個人差はあるので更年期でもあまり何も感じないという方もいらっしゃるようですが、
ひどい方の場合はそれまでに何かしらの体調や心の変化があったと思います。

 

もしその時点で病院なり婦人科などで早めに診察してもらうことで入院という自体は避けられると思います。

 

 

 

 

保険の見直しもしておいたほうがいいかも

 

また最近私が保険の見直しをして思ったのが、こうした入院でもきちんと保険がおりるかどうかです。

 

保険の方に聞いた話ですが、やはりその時代にあった保険の内容にどんどん変わっていくそうなので、
もし見直しをせずに昔契約した保険のままだともしかしたらいざという時に保険の意味がないなんてこともあり得ます。

 

例えば古い保険のままで

 

「1週間入院ではじめて保険がおりる」

 

というものなのにそれ未満で退院してしまった場合は保険がおりないなんてことも実際あるそうです。

 

なのでこれを機会に見直してみてはいかがかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

というわけで今回はこれで以上です。

 

更年期で入院はできますが、そうならないように早めに診察を受けてみてくださいね。

 

ありがとうございました。