更年期でも妊娠するの?避妊するにはどうしたらいいの?

更年期でも妊娠するの?避妊するにはどうしたらいいの?

更年期と妊娠、避妊について

 

 

40代に入ると女性ホルモンの分泌量が減ってくる【更年期】という時期に差し掛かります。

 

ここでよく疑問に上がるのが

 

「更年期でも妊娠するの?」

 

というものです。

 

中には40代でも妊娠、出産される方もいらっしゃるので気になるところですよね?

 

というわけで今回は更年期と妊娠についてお話していきたいと思います。

 

 

 

更年期でも妊娠します

 

結論からお話すると更年期でも妊娠はします。

 

更年期といってもちゃんと月経があれば排卵もされているということなのでその可能性はあるんですね。

 

しかし年齢とともに卵巣も老化してくると卵胞の数もかなり減ってしまうので妊娠できる卵子の数も減ってしまいます。

 

なので実は40代で妊娠、出産するトいうケースはかなりレアだと言われています。

 

 

 

40.50代の妊娠の確率

 

ちなみに一番妊娠しやすい年齢が20歳前後で、その後は年齢とともに妊娠しにくくなって来ます。

 

またこれからお話するのはかなり成績の良い不妊治療の専門病院での不妊治療のデータだそうですが、

 

40歳以降で体外受精、顕微授精をして妊娠(胎児の心拍が確認できた)率は、

 

  • 40歳以上41歳以下で約15%
  • 42歳以上43歳以下で約8%
  • 44歳以上45歳以下は約2%
  • 46歳以降は0%

 

という数字が出ています。

 

あくまで不妊治療のデータですので個人差もありますし、自然妊娠だとまた違ってくるかもしれませんが、
40代にはいると年々、妊娠する確率は目に見えて減ってくるんですね。

 

 

 

閉経しても妊娠するって本当?

 

またたまにニュースで閉経後も妊娠したという話を耳にしますが、閉経しても妊娠ってできるのでしょうか?

 

 

ちなみにWHO(世界保健機関)によると

 

「卵子を含む球状となっている細胞の集合体である卵胞が、卵巣から失われて月経が永久的に停止した状態にあること。」

 

と閉経を定義しています。

 

 

また医学的には

 

「最終的な月経から1年以上に渡って月経が停止した状態にあること。」

 

と定義されています。

 

 

この状態だともう排卵はされていないので妊娠するための卵子の数もゼロということになります。

 

なので閉経後に妊娠する確率もゼロということになりますね。

 

それでも妊娠したということはまだ閉経していなかったと言えると思います。

 

 

 

 

更年期の避妊はどうしたら良いの?3つのポイント

 

また40代女性の中には

 

「いくら確率が低くても妊娠はしたくない。」

 

という方もいらっしゃると思いますのでここからはどう避妊していけば良いのかについてお話していきますね。

 

 

 

1.避妊具はきちんと使う

 

まずはコンドームなどの基本的な避妊具は使うようにしましょう。

 

これだけでもかなり高い確率で避妊できます。

 

 

 

 

2.生理周期を把握しておこう

 

基本的に避妊具は使ったほうがいいですが、生理周期を把握することで排卵日も知っておくことも大切です。

 

そのためには基礎体温を毎日測るのがオススメです。

 

ただ

 

更年期は生理周期や基礎体温ってどうなるの?

 

にてお話ししているように更年期には更年期の基礎体温の特徴があるのでその辺も把握しておかないといけません。

 

 

 

 

3.婦人科に相談

 

また避妊にピルを飲んでいる、飲んだことがあるという方もいらっしゃると思いますが、

 

ホルモン量が下がっている更年期にはピルではホルモン量が多すぎるため体に負担がかかる!

 

と言われています。

 

なので更年期のホルモン補充にはHRTと言われるホルモン補充療法がとられます。

 

更年期女性にはホルモン補充療法もおすすめです-その費用やリスクについて

 

ただ最近はホルモン量の少ない低用量ピルなども出ているのでどちらが良いかは婦人科で相談したほうが良いと思います。

 

特にピルはホルモンに作用するものなので勝手な判断で服用するとどんな副作用が起きるかわかりません。

 

必ず病院で処方してもらうようにしてくださいね。

 

 

 

 

まとめ

 

というわけで今回はこれで以上です。

 

更年期の妊娠を心配されている方はぜひ参考にしてくださいね。

 

ありがとうございました。