更年期障害は生理が止まるとおさまるの?

更年期障害は生理が止まるとおさまるの?

更年期障害と生理、閉経

 

 

40代女性の中には辛い更年期障害にお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

また

 

「更年期障害はいつまで続くの?」
「生理が終わると治まるの?」

 

と不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

 

というわけで今回は生理がおわったら更年期障害は治まるの?

 

という点についてお話していきますね。

 

 

 

閉経後は徐々に更年期障害がおさまっていく

 

まず結論からお話していきたいと思いますが、

 

閉経後、生理がおわってしばらくすると更年期障害はおさまってきます。

 

だいたい閉経の平均年齢は50.5歳と言われています。

 

もちろん人によってまちまちですが、閉経してしばらくすると自律神経の乱れも段々安定してきます。

 

体も段々とエストロゲンの減少に慣れていくんですね。

 

 

 

 

閉経後に特に気をつけたいこと

 

ただ閉経後は閉経後で気をつけなくてはいけないことが出てきます。

 

例えば

 

  • 血圧の上昇
  • 動脈硬化
  • 骨粗鬆症
  • 認知症
  • 膣の乾燥
  • 脂質異常症
  • 尿失禁

 

などの症状が挙げられます。

 

詳しくは

 

更年期~閉経にかけて起きる症状について

 

にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

特に閉経後はガンのリスクが高くなると言われています。

 

  • 乳ガン
  • 大腸ガン
  • 胃ガン
  • 肺ガン
  • 子宮ガン

 

の順に罹患数が高いと言われています。

 

また特に

 

  • 子宮体ガンのピークは50代
  • 乳ガンのピークは40代後半~50代前半

 

と言われていますので特に注意が必要なんですね。

 

 

 

必ず定期検診を受けるようにしましょう

 

というわけで閉経後は閉経後で気をつけなくてはいけないことも出てきます。

 

特に今回お話したようなガンは早期発見、早期治療が大切です。

 

なので必ず定期検診を受けるようにしてくださいね。

 

ぜひ参考にしてください。

 

ありがとうございました。