プレマリンってどんなお薬なの?その効果や副作用、費用について

プレマリン錠ってどんなお薬なの?その効果や副作用、費用について

更年期とプレマリン錠

 

以前、

 

更年期にはホルモン補充療法もオススメ

 

というお話をしているのですが、
更年期障害にはホルモン補充療法(HRT)と呼ばれると治療法があるんです。

 

その名の通り女性ホルモンを外から補うという治療法になるのですがHRTに使うお薬にもいくつも種類があります。

 

今回はその中でも【プレマリン】についてのお話をしていきたいと思います。

 

 

 

 

プレマリンってどんなHRT医薬品なの?

 

では早速プレマリンについてお話していきますね。

 

このプレマリンはファイザー社製の飲むタイプのエストロゲン錠で結合型エストロゲン剤です。

 

プレマリン錠 

出典元:http://www.bestdrug.org/premarin-phyzer.htm 

 

 

 

結合型エストロゲン剤とは飲むことで体の中で活性のエストラジオールに変換されることで
その効果を発揮する医薬品のことです。

 

それにより更年期におきる症状に効果を発揮します。

 

また骨粗鬆症に対し正式に適応していませんが、

 

  • 骨量増加
  • 骨折予防

 

の効果が世界的に認められている唯一の女性ホルモン薬と言われています。

 

 

 

用法について

 

更年期障害に対しては基本的にはエストロゲン剤であるプレマリンともう1つのプロゲステロン剤を併用して飲む形になります。

 

高齢女性の骨粗鬆症や膣炎などの治療に用いる場合や子宮を摘出している方に用いる場合は
プレマリン単独で使うこともあるようです。

 

 

 

用量について

 

プレマリンは結合型エストロゲン剤として、
通常成人1日0.625~1.25mgを経口服用する。

 

機能性子宮出血又は腟炎に対しては、1日0.625~3.75mgを経口服用する。

 

なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

とされています。

 

プレマリンには0.625mgエストロゲンが配合されているので
更年期障害の場合には1日1〜2錠飲むようになりますね。

 

 

 

 

費用について

 

費用については病院や併せる薬にもよりますがプレマリンのお薬代だけで言うと一錠で18円くらいのようです。

 

ただこれに

 

  • プロゲステロン剤
  • 診察費
  • 検査費

 

などがかかるので¥5000~10000くらいはかかるかもしれません。

 

 

 

効果や副作用について

 

プレマリンを使用することで

 

  • のぼせ
  • ホットフラッシュ
  • 冷え
  • 動悸
  • 頭痛
  • めまい
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 不眠
  • イライラ

 

といった更年期に起きる不快な症状に効果があります。

 

 

 

では副作用などはないのでしょうか?

 

副作用としては

 

  • 乳房痛
  • 子宮出血
  • 吐き気
  • 体重増加
  • 食欲不振

 

などが起きる場合がありますが、飲み始めにおきるもので徐々になくなっていくことがほとんどなようです。

 

ただ続くようだったりひどい場合はお医者さんに相談した方が良さそうですね。

 

またまずないとは言われていますが思い副作用として【血栓症】が起きることがあると言われています。

 

血栓という血の塊ができて血管を塞いでしまうことで

 

  • 手足とくにふくらはぎの痛み・はれ・むくみ・しびれ
  • 突然の息切れ・息苦しい
  • 深呼吸で胸が痛い
  • 急に視力が落ちる
  • 視野が欠ける
  • 目が痛む
  • 頭痛
  • 片側のまひ
  • うまく話せない
  • 意識が薄れる

 

などの重い副作用が起きる可能性もあります。

 

滅多にないとは言われていますが、もし起きてしまった場合はすぐにお医者さんに診てもらいましょう。

 

 

 

 

プレマリンを使用できない方、注意が必要な方

 

また

 

  • 血栓性静脈炎
  • 肺塞栓症
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 脳卒中
  • 乳がん
  • 子宮内膜がん
  • 未治療の子宮内膜増殖症
  • 重い肝臓病
  • 妊娠中

 

の方はプレマリンを使用できません。

 

 

また

 

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 乳房結節
  • 乳腺症
  • 心臓病
  • 腎臓病
  • 肝臓病
  • 糖尿病
  • てんかん
  • 全身性エリテマトーデス
  • 片頭痛
  • 手術前4週以内
  • 寝たきり
  • 長期に体を動かせない状態にある人

 

などはプレマリンを使用する場合には注意が必要とされています。

 

 

 

個人輸入は絶対NGです!

 

またプレマリンは医薬品なのでその辺で購入することはできません。

 

なので中には自分で個人輸入して使用される方もいらっしゃるようです。

 

しかしこうした医薬品は扱い方を間違えると体に大きな副作用が起きてしまうことがあります。

 

ホルモンに作用するものは特にです!

 

なので必ず病院で定期的に診察してもらいながら処方してもらうようにしてくださいね。

 

 

 

医薬品が不安ならサプリもオススメ

 

また中には医薬品は不安だと言う方もいらっしゃると思います。

 

医薬品には効果がある分、必ず副作用のリスクが付いて回るからです。

 

そんな方にはサプリがオススメです。

 

特にオススメなのが最近注目されている【エクオール】と呼ばれるスーパーイソフラボンが配合されているものがオススメです。

 

詳しくは

 

更年期女性には女性ホルモン様作用のある【エクオール】もとってもおすすめ 

 

にてお話していますので一緒に参考にしてくださいね。

 

 

 

 

まとめ

 

というわけで今回はHRTに使われるプレマリンについてお話させていただきました。

 

また他のHRT医薬品について知りたい方は

 

40代の更年期と医薬品について 

 

を参考にしてくださいね。

 

ありがとうございました。