更年期女性はピルを飲んでも良いの?気を付けたいポイントについて

更年期女性はピルを飲んでも良いの?気を付けたいポイントについて

更年期とピル

 

めまいやのぼせなどのつらい更年期にお悩みの女性ってとっても多いと思います。

 

こうした辛い更年期症状というのは女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことが原因なんです。

 

ということは女性ホルモンを補ってあげればいいということになりますよね?

 

 

女性ホルモンを補うとするなら

 

  • 食べ物から補う
  • サプリメントで補う
  • 医薬品で補う

 

この3つの方法があると思います。

 

 

今回お話していきたいのはその中でも【医薬品で補う】ということなんです。

 

 

そんな医薬品の中でも女性の皆さんが真っ先に思い浮かべるのが【ピル】だと思います。

 

 

では辛い更年期症状にお悩みの女性にピルはおすすめなのでしょうか?

 

 

 

ピルは更年期女性には負担になることがあります

 

では早速結論からお話していきたいと思いますが、

 

 

ピルは更年期女性にはあまりおすすめではない場合が多いんです。

 

 

 

というのもピルはもともと

 

  • 避妊
  • 排卵の抑制
  • 子宮内膜を厚くなりにくくする

 

という目的の薬なので主に10代~40代くらいまでの女性に向けて作られています。

 

 

 

なので個人差はあるのですが、女性ホルモン量の激減してくる40代以上の女性に対しては
ピルの女性ホルモン量が多すぎて体に負担になってしまうんです。

 

 

 

そんな女性におすすめなのが【ホルモン補充療法】なんですね。

 

 

このホルモン補充療法がピルより少ない女性ホルモンを補っていく方法なので
更年期女性の体にも負担が少なく辛い更年期症状にお悩みの方にとってもおすすめなんです。

 

詳しくは

 

更年期女性にはホルモン補充療法もおすすめです-その費用やリスクについて

 

にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

 

 

40代女性はピルとホルモン補充療法どっちがいいの?

 

では女性ホルモンの分泌量が減り始める40代女性はピルとホルモン補充療法はどっちがいいのでしょうか?

 

 

これは正直なところ検査してみないと分かりません。

 

 

ちなみにホルモン補充療法を始めてみても良いとされるホルモン値の目安は

 

  • エストロゲン値 20~50pg/ml
  • 卵胞刺激ホルモン 30mlU/ml以上

 

となっています。

 

ほとんどの方はピンと来ないと思いますが、婦人科やクリニックで検査したうえで
こうしたホルモン値を目安にしていただければと思います。

 

本格的な更年期に入る前の【プレ更年期】の場合など
またまだホルモン補充療法を始めなくても良い場合はピルの中でもホルモン量の抑えてある

 

  • 低用量ピル
  • 超低用量ピル

 

といったものを検討されてみるといいのではないでしょうか?

 

あなたはまだ更年期じゃないかも!40代前半のプレ更年期について

 

 

 

 

まとめ

というわけで今回は更年期女性はピルを飲まないほうが良いのか?

 

という点についてお話していきました。

 

 

更年期に悩む40代女性はとてもデリケートな年齢なので
ピルにするかホルモン補充療法にするかとっても悩んでしまうかと思います。

 

 

ただピルには今回お話したように体に負担がかかる場合があるので
気を付けてくださいね。

 

ありがとうございました。