更年期女性の辛いめまいやのぼせにオススメの医薬品について

更年期に起きる辛いめまいやのぼせに良い医薬品ってないの?

40代女性の皆さんの中には

 

「最近急にめまいがすることが増えた。」

 

「仕事中や出先で急に顔がのぼせることがある。」

 

といった辛い症状に悩まされている方ってとっても多いと思います。

 

 

辛い更年期症状

 

 

あまりにたくさんめまいがすると何かの病気かなとも考えてしまいますし、
また急にのぼせてしまって汗が大量に出るのも周りの目が気になってしまうと思います。

 

 

実はそれらの症状は【更年期障害】かもしれません。

 

 

更年期障害とは個人差はありますが40代~50代にかけて起きる症状のことで
女性ホルモンの減少が原因で起きてしまいます。

 

女性であれば避けられないものなのですが、
生理痛などと同じで人によってはホントに症状がきついこともあるので
とにかく何とかしたいですよね?

 

 

そんな女性におすすめしたいのが【医薬品】なんです。

 

 

というわけで

 

  • 更年期に起きる辛いめまいやのぼせにオススメの医薬品
  • 更年期障害のメカニズム

 

についてお話していきたいと思います。

 

 

 

 

更年期のあらゆる悩みにオススメの医薬品って何!?

本当は先に更年期症状の起きるメカニズムなどについてお話したかったのですが、
とっても長くなってしまうので皆さんも読み疲れてしまうと思い先に結論からお話していこうと思います。

 

そして辛い更年期障害の症状であるめまいやのぼせにオススメの医薬品というのが【ロスミンローヤル】です。

 

 

ロスミンローヤル 

 

このロスミンローヤルは

 

  • のぼせ
  • めまい
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 耳鳴り
  • 冷え性
  • 神経痛

 

といった更年期女性に起きる辛い諸症状に効果のある女性用保健薬なんです。

 

 

また更年期になってくると特に気になる

 

  • シミ
  • そばかす
  • 小じわ

 

といった肌トラブルにも効果があるので体の中から更年期対策をしたい女性にとってもおすすめの医薬品なんですね。

 

 

ちなみに色々なサイトでも紹介されていて私も

 

ビタ女子(C)-40代女性におすすめのビタミンCサプリランキング

 

というのを見て参考にさせてもらいました。

 

 

 

 

ロスミンローヤルの配合成分について

 

ロスミンローヤルの有効成分

 

ちなみにロスミンローヤルには

 

  • カルニチン塩化物 50mg
  • L-システイン 160mg
  • 安息香酸ナトリウムカフェイン 100mg
  • DL-メチオニン 100mg
  • グリチルリチン酸一アンモニウム 10mg
  • アスコルビン酸(ビタミンC) 180mg
  • ビタミンE散(50%) 50mg
  • チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1) 10mg
  • リボフラビン(ビタミンB2) 10mg
  • ニコチン酸アミド 30mg
  • パントテン酸カルシウム 15mg
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 5mg
  • シアノコバラミン(ビタミンB12) 5μg

 

といった13種類の有効成分や

 

 

  • ローヤルゼリー 50mg
  • ニンジン末 100mg
  • ハンゲ末 100mg
  • センキュウ末 100mg
  • タクシャ末 100mg
  • ブクリョウ末 150mg
  • ソウジュツ末 150mg
  • トウキ末 100mg
  • シャクヤク末 200mg

 

 

9種類の生薬が贅沢に配合されているんです。

 

なので先ほどお話した更年期に現れる症状や肌トラブルにも効果があるんですね。

 

 

 

回数縛りが無しで初回1900円なのでまずは一度お試しください

 

そしてなにより嬉しいのが

 

 

ロスミンローヤルはなんと初回限定で1900円(税抜)+送料、手数料無料で購入できるんです。

 

 

これは定期コースの場合の価格ですが、

 

通常購入の場合1900円(税抜)+送料700円+手数料などがかかってしまうのでおすすめではないんです。

 

 

 

ですが皆さんの中には

 

「定期コースになると回数縛りがあるんじゃないの?」

 

と警戒されてしまう方も多いともいます。

 

 

しかしロスミンローヤルの定期コースには回数縛りがないのでとりあえず一回試してみたいという方にも
とってもおすすめなんです!

 

 

もし飲んでみて違うなと思ったら電話かメール一本で解約できるのでとってもお試ししやすくなっています。

 

辛い更年期症状にお悩みの女性はぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

そもそも更年期や更年期障害ってどうしておきるのでしょうか?

 

というわけで当サイトで一押しの医薬品はロスミンローヤルというお話はこれで終わりなので、
ここからは

 

 

そもそも更年期や更年期障害ってなんで起きるの?

 

 

という部分についてお話していきたいと思います。

 

冒頭でも女性ホルモンが減少することで起きるんですよ~。

 

と触れていますが、もう少し踏み込んでお話していきたいと思います。

 

 

ただ完璧に覚える必要はないです。

 

 

ですが体で何が起きているのか分からないのってとっても不安に感じることだと思います。

 

ここで更年期症状が起きるメカニズムをなんとなくでも知ることで

 

「私の症状は体でこんなことが起きてるからなんだ~。」

 

とちょっと納得できると思いますし、少し不安の解消にもつながると思います。

 

毎日不安や緊張を抱えていては精神的に参ってしまいますので
リラックスすることはとっても大切ですよ。

 

更年期のイライラやもやもやにオススメのリラクゼーション方法について

 

 

では前置きが長くなってしまいましたが、更年期症状が起きるメカニズムについてお話していきたいと思います。

 

 

 

女性ホルモンの分泌の3つのキーワード

 

私たちの体では主に卵巣から女性ホルモンが分泌されているのですが、
卵巣だけで働いているわけではないんです。

 

女性ホルモンを分泌するのに大切なのは

 

  1. 視床下部(ししょうかぶ)
  2. 下垂体(かすいたい)
  3. 卵巣(らんそう)

 

この3つです。

 

 

まず脳の司令塔である視床下部が

 

「女性ホルモンを分泌してくださいね~。」

 

という指令を出します。

 

 

するとこれまた脳にある下垂体が

 

「分かりました~。」

 

といった【卵胞刺激ホルモン】というホルモンを分泌します。

 

 

このホルモンによって

 

「女性ホルモンを分泌します!」

 

といって卵巣が女性ホルモンを分泌してくれるんですね。

 

 

 

これが女性ホルモンが分泌される流れなんですね。

 

 

 

更年期になると卵巣の機能が低下してしまう

 

しかし更年期になると卵巣が衰えてしまうことでその機能が低下してしまい
うまく女性ホルモンを分泌できなくなってしまうんです。

 

 

そうすると視床下部では

 

「もっと女性ホルモンを分泌してください!」

 

という指令が出されます。

 

 

そして下垂体では

 

「もっと卵胞刺激ホルモンを出します!」

 

となります。

 

 

しかし卵巣では

 

「もう無理です…。女性ホルモンをうまく作れません…。」

 

となってしまいます。

 

 

こうしたギャップが起きてしまうことが体が混乱してしまって

 

【自律神経が乱れてしまう】

 

ということが起きます。

 

 

そして自律神経が乱れてしまうことで

 

  • めまい
  • のぼせ、発汗、ホットフラッシュ
  • 肩こり、腰痛
  • 冷え性
  • イライラ
  • 不安、もやもや

 

など辛い更年期症状につながってしまうということなんですね。

 

自律神経についてお話するともっとややこしくて長くなってしまうので、詳しくは

 

毎日の生活でできる更年期対策!自律神経と免疫力に着目しましょう

 

を参考にしてくださいね。

 

 

 

更年期には血行不良にもなりやすい

 

また更年期にさしかかり先ほどお話したような女性ホルモンの分泌量が少なくなってしまうと

 

 

女性にとっては特に関係の深い【血行不良】の原因にもなってしまうんです。

 

 

というのも女性ホルモンのエストロゲンには【血管を拡張する】という働きがあるのですが、
エストロゲンが減ってしまうことで血管が委縮しやすくなってしまうんです。

 

こうなるとことで血行不良になってしまい

 

  • 冷え性
  • 肩こり、腰痛
  • 新陳代謝の低下によるシミや小じわ

 

といった女性の不調にもつながってしまうんです。

 

 

 

 

 

一見関係ないように感じますが、体はすべてつながっていますので
色々なところに様々な症状として現れてしまうんですね。

 

 

先ほどご紹介したロスミンローヤルにはそうした血行や新陳代謝を整えるために
13種の有効成分や9種の生薬をたっぷり配合しているんですね。

 

 

 

女性ホルモンを補うのはダメなの?

 

また皆さんの中には

 

「女性ホルモンが少なくなっているんなら外から補っちゃダメなの?」

 

と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

 

 

もちろんそれでもOKなのですが気を付けなくてはいけないこともあるんです。

 

 

ピルやサプリでは負担になることもあるんです

 

女性ホルモンを補うと聞くと

 

  • ピル
  • イソフラボン
  • プエラリア

 

といったものをイメージされる方も多いと思います。

 

もちろんそういったものでも女性ホルモンや似た働きをする栄養素を摂ることはできるのでOKです。

 

 

しかし

 

  • ピルの場合は女性ホルモン量が多すぎたり
  • サプリの場合は女性ホルモン様作用の働きが強すぎたり

 

といったこともあるんです。

 

 

 

すると逆に更年期に差し掛かっている女性には体の負担になってしまうこともあるんです。

 

なので外からたくさん補ってあげればOKという単純なものではないようです。

 

 

 

詳しくは

 

更年期女性はピルを飲んでも良いの?気を付けたいポイントについて

 

にてお話していますのでピルやサプリをお考えの方は参考にしてくださいね。

 

 

 

女性ホルモンを補うならホルモン補充療法がオススメ

 

また更年期に女性ホルモンを補っていくのであれば【ホルモン補充療法】という治療法がオススメです。

 

ちなみに

 

  • 貼るタイプ
  • 塗るタイプ
  • 飲むタイプ

 

など色々あります。

 

ホルモン補充療法だとピルに比べて女性ホルモン量を抑えてあるので
体への負担も少ないので更年期の女性にオススメな治療法なんです。

 

詳しくは

 

更年期女性にはホルモン補充療法もおすすめです-その費用やリスクについて

 

にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

 

 

体に負担の少ない医薬品がオススメです

 

というわけで更年期には女性ホルモンを補うのもOKですが、
婦人科に定期的に通う必要があったり、逆に体に負担になってしまうものあるということがお分かりいただけたと思います。

 

もちろん一度は婦人科に行くことも大切だと思いますが、
40代女性の皆さんの中には中々時間が取れなかったり、仕事や家事に追われて自分のことは後回しに
なってしまっている方も多いのではないでしょうか?

 

 

そういった背景も含めて【体への負担が少ないけどきちんと効果のある医薬品】というのがオススメさせていただいています。

 

 

当サイトで一押ししているロスミンローヤルも途中成分一覧を載せていますが、

 

  • ビタミン類
  • アミノ酸
  • 生薬

 

といった体に必要かつ負担の少ないもので作られていて、

 

 

  • のぼせ、ホットフラッシュ
  • めまい
  • 肩こり、腰痛
  • 冷え性
  • シミ、そばかす
  • 小じわ

 

といった更年期女性にはうれしい効果のある女性用保健薬なのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

途中お話したように回数縛りなしの初回限定1,900円なのでとっても試しやすいのでまずは一本飲んでみてください。

 

 

 

まとめ

 

これで以上になりますが当サイトでは更年期に関する情報をいろいろお話させてもらっています。

 

 

皆さんの中には

 

「自分が本当に更年期なのか分からない。」

 

という方も多いともいますのでまずは

 

もしかして更年期かも?あなたはいくつ当てはまるかチェックしてみましょう

 

こうしたところから参考にしてもらうと良いかもしれませんね。

 

 

またどうしても不安だという方は一度婦人科で見てもらうことも大切だと思いますし、
そこで他の女性器疾患などがなく更年期と診断されたらホルモン補充療法を受けたり、
家でもロスミンローヤルのような更年期症状に効果のある医薬品などを取り入れていくといいと思います。

 

他にも厳選した情報がたくさんあるのでぜひ参考にしてくださいね。

 

ありがとうございました。